HUG(避難所運営ゲーム)開催しました。

防災に興味がありながら

毎日の生活の繰り返しに

すっかり忘れてしまう。

そんな方も多いのでは?


かくいう私も、ふと今日の愉しさで

忘れてしまうこともなきにしもあらず。


いつも神経を尖らせておく必要はない。

でもいつ起こってもおかしくない日本。

「もし」という気持ちはほんのちょっと

心(頭)のどこかにあるだけで

その「もし」にすぐに対応できる

経験と備えがあるだけで

あとは日々の愉しさと大変さに

1日めいいっぱい振り回されちゃってもいいと思う^^

HUG(避難所運営ゲーム)

避難所が開設されたとき、どんなことが起きて、

そこに集まった人たちが、過ごしやすくいられるために

どんなルールが必要か。

それを疑似体験できるのがこのゲーム。


参加した人たちの感想もさまざま。

より自分たちの場所に則したゲームで再チャレンジしたい。

その先に繋がる活動をすすめていきたい。

避難所の運営はなんだか大変。

自宅避難も考えなくちゃ。


メンバーによってルールが異なるので

最後には必ず他のグループの結果をみんなでみていきます。


答えがひとつじゃない。

人生ってほんとに「答えがひとつじゃない」ことのほうが

いっぱいあるね。



writingdesigner

文字をデザインする。 人をデザインする。 「生きる」をデザインする。