夢をカタチにするのが好き

この数年間、身近な人が語った「ただの夢」をカタチにする活動をしてきた。

「夢」で終わるのは、描いた本人が描いた場所から動かないことで終わる。


「夢」を「現実」にするのは、描いたときにいた場所から

少しずつでも動いていくことが大切。


それは「行動に起こす」と同時に

「自分の内面を変化させる」ことも含めて。


特に「内面を変化させる」ことは人にとって容易ではない。

わたしもそうであるように

「自分にはわからない自分」というのが少なからずいて

それが「動こうとする自分」のハードルになることも多々ある。

ときに、自分にはわからないけれど、周りの方がわかっていることもある。


わたしはこの「内面を変化させる」ことにも注力している。

時間はかかる。

間違えば、その人の自尊心を傷つけることにもなりかねないので

慎重に。直接的だったり、間接的だったり。


でも、その人の夢を叶えるためにも

時間をかけてしなければいけないことだと思っている。

writingdesigner

文字をデザインする。 人をデザインする。 「生きる」をデザインする。