わたしと数字

9月から5回シリーズでした講座
わたしの「好き」を見つける講座の最中に
私も作った絵本。

量産する予定はないので
世界でただ1冊の「わたし」と「数字」の
小学校から今までの関係を描いた本。

この本を読んで
「え!イメージと違う!」
と、驚いた人と

「オッキーってそうだよね〜(笑)」
と、納得した人がいた。

そう。人のイメージとはそういうもの。

だから、人から言われた言葉で
一喜一憂しなくていい。

「わたしのイメージってどんなん〜?(笑)」
ってところからお互い話をすればいい(^_-)

こんなことの繰り返しが「生きる」ってコト。
今の私はそう思ってる。

writingdesigner

文字をデザインする。 人をデザインする。 「生きる」をデザインする。