日本綿業倶楽部

国の重要文化財である
日本綿業倶楽部に行ってきた。

大阪の歴史とともにあるこの建物。
昭和6年にこんなしつらえができてたなんて。

特に食堂の防音壁。
ナイフとフォークのカチャカチャ音に
慣れていない日本人のために。
その配慮がなんとも細やか。

部屋によって様式が違うのも
ガラスに網が入っていたことで
空襲のときも割れなかった話も

すべてが時空を超えて
その時の人たちがいた空気感にひたれた。

壁に触れてみる。

ゼフラル・コクレーンの作った
ロケット(宇宙船)に触れる感覚は
きっとこんな感じかもしれない。

writingdesigner

文字をデザインする。 人をデザインする。 「生きる」をデザインする。