卒論のテーマ

女子大生とお話し✨

若さにあやかるため。

ではなくw

「女性が働きながら子育てができる街づくり」

というテーマの卒論を書くためのインタビューを受けるため。

これからの世代がこうして
新しい「社会のカタチ」を創っていくのだと思うと
本当にありがたい。


選挙権が18歳からになったとき

少し不安を感じたけれど

それは「私の世代の18歳」をイメージしたからにすぎない。

これからの新しい世代は

私の想像する当時のそれとは違う。

と思わないといけないなー。


彼女のように

これから結婚して子育てする女性たちが

「結婚」「子育て」に対するステキなイメージを

今の子育てママである
私たちが創っていかなくちゃ^^


トライ&エラーを超絶愉しんで

落ち込むときはガッツリ落ち込んで

でも頭の片隅で「この時間は有限ダス!」

と宣言してw

こんな風に

次の世代の子どもを育てること

とても誇りに思ってます^^

ときに子どもが産めない人に対して

比較した発言に聞こえるかもしれないけれど


子どもが産める「人」

子どもが産めない「人」

子どもを産まない「人」


みんな先逝く「人」


誰が産んだかなんて全く関係なくて

次世代の子育ては

「今を生きている誰もができること」

だと私は考えてる。

だから、目の前に座って

目を輝かせている大学生が

「どうしたらもっといい社会になるだろうか」

と、考えてくれていることがとてもうれしかった。


彼女を産み育ててくれた両親

彼女に知識を与えてくれた先生

彼女の支えになっている友だち

そして、いろんな選択肢があった中

この卒論を書くに至った彼女本人。

たくさんの人が彼女の道標となってくれたことに

とても感謝した時間だった。

あ。「今日は私が呼び出してしまったので」

と、コーヒーをご馳走になりまして。

過ぎ去る最後まで

「いや、どうあれ私が出すのが良かったんじゃね?」

というセルフツッコミの中、家路へと向かいましたw


この歳になっても

「相手を尊重する」ポイントがイマイチわかってない

大人な(はずの)私です^^;;



writingdesigner

文字をデザインする。 人をデザインする。 「生きる」をデザインする。