ちいさきもの

昔から泣くポイントが
その年頃の子と合わなくて

自分はなんでこんなとこで泣くんだろう

と疑問に思ってきた。


ライバル同士が協力して困難に立ち向かう。

誰かがとても難しいハードルを越えようとしたときに

仲間が現れて共に越える。

犬が死んだ飼い主をずっと忘れないでいる。

救急車が通るとき、自動車がみんな横に避ける。

「だって、仲間でしょ!」ってセリフ。

先生が生徒の親に向かって「いつもお世話になっているんですよ」(雑誌るびんより)

etc…

最近分かってきた。

「ちいさきもの」

自分が

「ちいさきもの」

だと思ってきたから。


ちいさきものが集まって何かを成し遂げる瞬間

意思疎通ができないと思われたちいさきものたちが

お互い通じ合う瞬間

ちいさきものが認められた瞬間

「ちいさきもの」


高校生になって確実に

自分を「ちいさきもの」だと認識しはじめた。

だから、先生が母に

「いつもお世話になっているんですよ」

という言葉がとてもうれしく

今でも思い出すと涙が出てくる。

               ▲「雑誌るびん」創刊号より


親になってもなお私は「ちいさきもの」で

子どもに「お母さん大好き」と言われるだけで

涙が出てくる。


「ちいさきもの」

そう思うことが

私の人生にはとても大切だったんだと思う。

(なぜだろう…)

今度はそれをじっくり時間をかけて

過去と現在の自分を見つめながら

答えをみつける「これからの人生」を愉しもう。

writingdesigner

文字をデザインする。 人をデザインする。 「生きる」をデザインする。