次は変態

変態。よ?呼んだ?
と、返事をしそうになるが堪える。

カブトムシを逃したケースに
翌日はこの方々がおさまるようだ。

すでに脚が出てるの5匹に
まだバリバリオタマジャクシ1匹。

今度はこれをカエルにするとこまで飼うらしい。

私は生き物の世話も植物の世話も
今の今まで大の苦手。
でも、今年はちゃんとサポート役ができている。

それは一連の流れの最初の最初。

友だちにどうしよーと相談した時に

「えー!そんなん子どもに全部させたらええやん」
という言葉があったから。

自分でするんじゃないんだ。

という感覚を教えてもらったのだ。
そう思っただけで、
影のサポートができる親になれた。

発想の転換なのか
私が単純なのか。

ともかく今年、私は変わったのだ( ・∀・)

writingdesigner

文字をデザインする。 人をデザインする。 「生きる」をデザインする。